Monthly Archives : 11月 2010

本日はお待ちかねのパーティー。 今回は、大きなプロジェクタで 私のフォトムービーを映し出していただくことになりました。 素敵なムード、キレイな夜景、おいしいお料理、楽しいおしゃべり。 そんな中に私の写真も一緒にいさせてもらえて とっても幸せです。 パーティー映像用の写真作品もたくさん撮りたいです。 Read more ...
Author: 7 years ago
今週の土曜日、新宿の某所で行われるパーティーで 中村豊美「花乱写の舞」をやらせていただきます。 大きなプロジェクタで花が舞います。 今、編集中。とっても楽しみ! Read more ...
Author: 7 years ago
  乳液をたらした写真が思いのほか好評で。 今日は某企画で某プロデューサーと打ち合わせだったのですが、 すごく高く評価していただきました。とってもうれしい。そんなわけで、いろいろと考えた末に、乳液たらしちゃう系写真をシリーズ化することを決意しました。実は、乳液写真については、以前から構想があり、「私、乳液たらした写真を撮りたいのよ。」といろんな人に言いながらもなかなか実行にうつせなかったのです。私が撮らなかった理由は、ただのイロモノ写真になっちゃいそうで誤解されるのがイヤだったから。それから、自分の中でも覚悟みたいなものがなかったんですよね。ただちょっと卑猥な写真が撮ってみたいだけなのかな、私、もしかしてふざけてるのかなぁ、と自問自答していたのです。でも、実際に撮ってみたら心がふるえるほど「愛おしさ」がちゃんと私の中からあふれてあふれてあふれてきて乳液に私は選ばれたなと感じることができました。乳液っていうか「愛のミルク」とでも言いましょうか。愛のミルクは、昔の私が欲しくて欲しくてしかたなかった「愛のかたち」そのものではないけれど、なんてだろう、それに近い。うまく言えないけど。いや、こういうことうまく言おうとする必要ないね。写真にちゃんと「愛を求める気持ち」「愛を求めて震える気持ち」「愛を受け止めて喜びに満ちた空気」とか白い液体の「愛のメッセージ」を込めていればそれでいいと思っています。ひとりよがりにならないようにちゃんとコンセプトを語れるようになれるようにがんばります!     Read more ...
Author: 7 years ago
  再び、花の写真を撮影。 花に乳液をたらすシリーズがとても好きです。   いつも花に語りかけながら、花の気持ちによりそいながら 撮影をすすめているのですが、 息 できない   花が愛しいと思えます。   枯れていく花、しなびた花、悲しみに暮れる花に 共鳴していたけれど、   こんなにも潤って、喜びで震えている花も こんなに愛おしいなんて。   花の生き様は、女の生き様です。   まるで、「犯されたような花に見える」なんて 誤解をまねいてしまう危険はあるものの 自信をもって私は言います。   「この花は喜びの花。愛する男に抱かれる。 それ以上の喜びがこの世にあるでしょうか。」と。     Read more ...
Author: 7 years ago
  本日は久しぶりに自宅で花の撮影を。   枯れた花もいいけれど、潤っている花も可愛いかもしれない。   たっぷりと愛されて喜んでいる花を撮りたい。   こんなに可愛くなりました。   これがセルフポートレート。   Read more ...
Author: 7 years ago